2021年1月22日

奔走記 第16日目 その2 Narfi’s Sister

奔走記 第16日目 その2 Narfi’s Sister

第四紀201年9月1日(月曜日)

Shroud Hearth Barrowから引き揚げたボクたちはIvarsteadの村で装備を整えることにしたんだ。

Ivarsteadの村はReverwoodの村の2倍以上あるんじゃないかな?川の上に商店通りがあってにぎわっていた。

村の端のほうの小屋に住んでいるNarfiって人がぶつぶつと一人ごとを言っていたので、話を聞いてみると、Reydaって人がいなくなったって・・・?でも、この人、あきらかに挙動がおかしくてちょっとやばい感じの人なんだけど・・・大丈夫かな?

Reydaさんについて宿屋のWilhelmさんに聞き取りをしてみると、ReydaってのはNarfiさんの姉で、1年以上前にいなくなっただって・・・どうやらIvarsteadの村の川に流されたんじゃないかって・・・

さっそく川の中に入り、探索することに・・・冷たいけどHigh Hrothgerに比べたらこんな寒さなんてヘッチャラだよね

やっぱり・・・川の底にReydaさんと思しき白骨があったんだ。ひとまず形見となりそうなNecklaceをNarfiさんに持っていくことに。

見つけたReydaさんのNecklaceをNarfiに渡すと、Reydaさんの死を受け入れて呉れたみたいだけど、前以上に挙動不信でやばい感じになっちゃった・・

これで行方不明になったReydaさん一件は落着なんだけど・・・なんとも後味の悪い結末でした。宿屋Vilemyr Innでゆっくり寝て明日Shroud Hearth Barrowの探索に再挑戦してきます。

ー今日のステータスーー

所持金: 1313ゴールド

寝た場所:Vilemyr Inn

現在のレベル:9

怪我:無し

主な装備:Iron Amor

明日の主な予定:Shroud Hearth Barrowの調査

(現在受けている主な依頼)

GreyBeardsさん:Ustengravに行って、Horn of Jurgen Windcallerを取ってくる。

Amrenさん:Forgotten Towerの山賊たちから父親の形見の古い剣を取り返す。

Wilhelmさん:Shroud Hearth BarrowにいってWyndeliusさんを探す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。