2021年2月27日

奔走記 第22日目 Whiterunへ戻り、第一部終了

奔走記 第22日目 Whiterunへ戻り、第一部終了

第四紀201年9月7日(日曜日)

> (現在受けている主な依頼)

> GreyBeardsさん:Ustengravに行って、Horn of Jurgen Windcallerを取ってくる。

> Amrenさん:Forgotten Towerの山賊たちから父親の形見の古い剣を取り返す。

Amrenさんの父親の形見の剣を取り戻したボクたちはFoggoton Towerで一泊した後、Whiterunに戻ることにしたんだ。

世界の喉を下りて行く途中の見晴らしのいい場所で休憩。向こうに高い塔が見えるんだけど・・・・なんなんだろ?

Whiterunに戻り、Amrenさんの父親の形見の剣をAmrenさんに渡すと、非常に喜んでくれました。Whiterunの従士として当然のことをしただけですよ!って・・・2週間以上ほったらかしにしていたんだけどね。

Foggoton Towerの山賊たちから集めたお金やアイテムを売り飛ばし、執政のProventusさんにBreezehomeの残り代金を返してっと。借金はさっさと返さないとね!

RecoderさんはWhiterunの調査に行くって行っちゃった。Lydiaさんには広場前で露店を任せて、ボクは一人で鍛冶屋に籠って新しい装備を整えることにしたんだ。

戦乙女の炉の鍛冶職人のエイドリアンさんに手伝ってもらい、重装備のアイゼンアーマー一式を作ったんだ。ほとんどエイドリアンさんが作ってくれたんだけど・・・・家がお隣さんなったことだし、かなり安く作ってもらうことができたんだ。

露店を出していたLydiaさんと、街を探索していたRecoderさんと待ち合わせしていたバーナード・メアで合流し、お風呂に廃止、汚れを落として食事をしながら、今後どうするかについて相談をしたんだ。

Whiterunの従士として、まずはWhiterun近辺で活動をすべきだというLydiaさんと、スカイリム各地を回ってみたいっていうRecoderさん。

GreyBeardsの先生達からの試練として、Ustengravに行って、Horn of Jurgen Windcallerを取ってくるて修行もあるんだけど・・・ ボクとしてはせっかくBreezehomeって家が手に入ったんだし、当分はゴロゴロしておきたいんだけどね・・・・まあ、明日のことは明日考えるってことで!

ー今日のステータスーー

所持金: 346ゴールド

寝た場所:BreezeHome

現在のレベル:12

怪我:無し

主な装備:アイゼンアーマー一式

明日の主な予定:なし

> (現在受けている主な依頼)

> GreyBeardsさん:Ustengravに行って、Horn of Jurgen Windcallerを取ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。